はぐれブログがあらわれた

仲間になりたそうにこちらを見ている

働き方改革とはなんぞや

 

『懇親会だ!これからみんなで飲みに行くぞ!』

上のセリフは会社で総務による働き方改革説明会の後に放たれたものです。

飲み会は嫌いではないですが、流石に働き方改革の説明会後の半強制的な飲み会はちょっと・・・と思っていたところ 懇親会の中ではさらに

「明日(土曜日)バーベキューするから準備しろ!」

トドメの一言。

もはやネタとして昇華され、若手社員の中では笑い話になっています。

 

 

上の話は余談でしたが、話題の働き方改革について私の身の回りでの状況を書きたいと思います。

 

f:id:kkrntmy:20180405225329j:plain

働き方改革とはなんぞや

【目的】

働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望をもてるようにする。

【実現のための課題】

  • 正規、非正規の不合理な処遇の差
  • 長時間労働の是正
  • 単線型の日本のキャリアパスの変更(転職が不利にならない社会へ)

   厚生労働省HPより

 

現在サラリーマンの方にとって一番身近なのは長時間労働の是正」ですよね。

私が働く会社はトータルでみたら、ホワイト企業に分類されると思うのですが、部署によって事情は様々で、私は業務量の多さから長時間労働を余儀なくされている部署にいました。

日付が変わる時間までの残業が定常化している時期もあり、当時は若かったので頑張れましたが、いまはとてもじゃないですが体力的にも無理です。

 

現状の実施されている長時間労働対策

  • パソコンの強制シャットダウン
  •  月2回のノー残業デー 等

パソコンの強制シャットダウンはすごいです。仕事できなくなるので残業時間削減という目的においては効果は抜群です。これくらいの強制力がないと中々残業が減らないのでしょうね。この対策は個人的には賛成でした。

 

ただ仕事量も減らず、業務効率アップしていない状態で導入された制度なので、仕事が蓄積するばかりでした。

業務効率の改善など一朝一夕で良くなるわけではないので、もうできることは1つ。

「やらない」です。

 簡単な上に即効性も抜群です。

 

無駄なもの代表例

  • 電話の取次ぎ
  • 同じような資料(週報・月報、役員報告用)何回書かせんのよ
  • 意味なく無駄に長い会議

個人的には特に電話の取り次ぎが本当に改善してほしいところ。

時間を奪われる上に集中も途切れるし、百害あって一利なし。

 

総務様おねがいします。

「固定電話を廃止し、直ちに携帯電話に切り替えてください」

「あわよくばスマホを所望する」

 

まとめ

「やらない」を「やらない」手はない。