はぐれブログがあらわれた

仲間になりたそうにそちらを見ている。

【情報追加】京浜東北線 川口~大宮 ①交通利便性(混雑率と乗車時間)

f:id:kkrntmy:20180410230220j:plain

 

こんばんは。

 

先日、京浜東北線の交通利便性について記事を書きました。

 

kkrntmy.hatenablog.com

 

今回は下記の2点の情報を追加したいと思います。

  1. 上野東京ラインに乗換しない場合
  2. 混雑率

 

乗換する?しない? 東京駅までの時間はどのくらい違うのか

前回東京までの所要時間として下記の表をご紹介しました。

前回記事では南浦和より東京よりの蕨・西川口川口駅を利用している方は上野東京ラインに乗り換えないのではないかと述べました。 

そこで、この4駅については上野東京ラインに乗換しない場合の表も作成しました。

上野東京ライン乗り換えた場合の所要時間

f:id:kkrntmy:20180411002407p:plain

 

上野東京ライン乗換ない場合の所要時間

f:id:kkrntmy:20180414231537p:plain

 

南浦和・蕨・西川口川口駅では東京駅まで約6分~10分ほど時間が伸びているのがわかります。

 

出勤のストレスに大きな影響を与える『混雑率』

出勤のストレスになるのは乗車時間だけではなく、混雑率も大きな要因です。

前回の記事では川口駅での混雑率についても否定的な意見を書きましたが、 実際のところ、混雑率はどのくらい違うのか、各路線に実際に乗車してみて混雑率を見てきました。

 

混雑率

混雑率鉄道の混雑率は、輸送人員÷輸送力で算出される。

[100%]=定員乗車。座席につくか、吊り革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる。
[150%]=肩が触れ合う程度で、新聞は楽に読める。
[180%]=体が触れ合うが、新聞は読める。
[200%]=体が触れ合い、相当な圧迫感がある。しかし、週刊誌なら何とか読める。
[250%]=電車が揺れるたびに、体が斜めになって身動きできない。手も動かせない

日本民営鉄道協会より

 

f:id:kkrntmy:20180415000457p:plain

7:30頃 大宮発 ※上野東京ラインは15両編成

あくまで私の体感であることと、乗車する車両によって状況は大きく異なりますが、上記のようなイメージになります。

 

ポイント

  • 京浜東北線南浦和以後に一気に混雑率が上昇する
  • 浦和東京ラインは大宮発の時点で170%ほどの混雑率 ※但し上野止まりは空いている
  • 上野東京ラインも赤羽以後は200%ほどの混雑率が続く

 

混雑率が高い状態での乗車時間

 上の表では混雑率が高い状態で何分くらい乗車しているかわからないので下記のような表も作成しました。

f:id:kkrntmy:20180415002517p:plain

緑 ⇒ 黄色⇒橙色⇒赤になるにつれ、混雑率が高くなるように表示しています。 

 

ポイント

 

まとめ

基本的には京浜東北線上野東京ラインともに乗車率180~200%付近となることは避けられない。そのため特に混雑する乗車口付近ではなく、奥側まですすめるように多くの人が降車する駅より前に乗車できる駅が良い

浦和駅赤羽駅での降車人数が多いので個人的にはさいたま新都心駅辺りが良いのではないかと思います。