はぐれブログがあらわれた

仲間になりたそうにこちらを見ている

さいたま新都心駅 再開発計画情報 まとめ

f:id:kkrntmy:20180506210325j:plain

 

大宮駅に続いてさいたま新都心駅周辺の開発予定について紹介したいと思います。

 

2017年に赤十字病院や大宮警察署、造幣局などが次々と移転してきた埼玉新都心はまだまだ開発計画があります。

今回は東口にある広大な土地三菱マテリアル跡地についてまとめたいと思います。

 

 

北袋1丁目(三菱マテリアル用地)

 

上記の地図で色をつけて囲っている部分です。

同区画の北東部には大宮警察と造幣局が移転済みです。

 

防災公園

f:id:kkrntmy:20180506215841j:plain

【時期】2018年9月完成予定

【場所】造幣局入り口前

 

2018年5月時点の写真です。

遊具も既に設置されており、周辺部の植栽の整備が進められています。

中央の土が見えている部分は芝になるそうです。芝になるだけでこの土地のイメージが大幅にあがりそうで、楽しみです。

 

土地以外に防災機能として下記のものが整備されます。

  • 備蓄倉庫
  • 地下貯水槽
  • 非常用電源、通信・照明設備

 

交通公園

f:id:kkrntmy:20180506220307j:plain

さいたま市/さいたま新都心将来ビジョンについて

 

上記の防災公園から道路を挟んだ場所に交通公園が整備される予定です。 

バスの停留所などは半地下にする計画 

 

長距離バス、観光バスの発着所

 大宮駅付近の渋滞緩和のために、さいたま新都心にも交通拠点を作成し分散をねらう。

 

大宮駅とのシャトルバス回遊

大宮駅とはシャトルバスでの回遊も検討されており、

大宮駅 ⇔ 大宮区役所 ⇔ コクーン ⇔ 交通広場のルートが有力のようです。

 

f:id:kkrntmy:20180506221022j:plain

 

大宮区役所移転や氷川参道緑道の整備については下記参照

kkrntmy.hatenablog.com

 

浦和美園とのEVバスのノンストップアクセス

それ以外にも2020年の東京五輪に向け、さいたま新都心駅浦和美園がEVバスで会場移動ができるようになるようです。 

しかしこれについては会場同士をつなぐ目的なのでスーパーアリーナ側のバス広場かもしれません。

www.tokyo-np.co.jp

 

1000戸規模!?の15階 大型マンション

2022年完成予定の大型マンションの建設が決定しています。

建築主は東京建物 住友不動産 野村不動産 近鉄不動産 住友商事 東急不動産のJV

施工者は長谷工コーポレーションです。

 

個人的には毎年開催されている【さいたまクリテリウム】が自室から見えるのではないかと思うので、滅茶苦茶うらやましい立地です。

 

この土地はかつて大宮原子炉があり、放射線廃棄物汚染があった土地です。購入を検討する方は知っておくべき内容かと思います。(マンションの評判を落とすという意図ではなく、購入者と販売者での情報の不平等さをなくすために)

大宮原子炉跡地放射性廃棄物汚染 - Wikipedia

 

 

ファッションセンターしまむら本社移転

宮原駅にある「ファッションセンターしまむら」の本社が移転予定。

地上12階建ての60mのビルとなるようです。

2017年度の業績が芳しくなかったようですが、これからはさいたま新都心の本社の企業として頑張ってもらいたいです。

 

近隣のマンション販売の営業の方がちらっと言っていたのですが、この区画にはしまむら以外に樹脂関連の企業が土地を取得したというようなことを言っていたのですが、そのような情報がその後も音沙汰ないですね。(企業名は忘れてしまいました。)

 

その他

上記で紹介した以外に、交通公園とコクーンを繋ぐ歩行者デッキの整備もすすめると明記されています。

新都心東広場がさびれているので、これを機にもう少し整備されてほしいです。