はぐれブログがあらわれた

仲間になりたそうにこちらを見ている

【まとめ】新築マンション1年目の住人からのクレーム

f:id:kkrntmy:20180520000144p:plain

新築マンションの管理組合の理事を1年間務めました。

そこで1年でマンション住人から寄せられた要望・問い合わせ・クレームについてまとめてみました。

 

 

 

件数と内訳

約200世帯のそこそこ大規模マンションで、共用部はゲストルームとライブラリールームの二つがあります。

1年で約100件の要望・問い合わせがあり、その内訳をカテゴリ分けしてまとめたところ、下記の通りになりました。

 

f:id:kkrntmy:20180519235641p:plain

 予想通り騒音が25%を占めています。 

また新築1年目なので共用部の使用方法や追加の備品購入などの問い合わせも多かったです。

 

100件ほどまとめましたが、このうち2割ほどのクレームは ある特定の家庭からだったりします。

 

騒音

  •  上層階からの足音、生活音
  • 近隣企業からの深夜の機械音
  • 深夜に設備から発生していると思われる音
  • 隣室からのピアノ音
  • 深夜のゲーム、映画からの大音量

 やはり件数としては上階からの音によるものが多く、隣室からの騒音は壁際に設置されるピアノやTVからによるものなので、件数としては少なかったです。

 

共用部の使用方法

  • 来客用駐車場の場所
  • ゲストルームの使用方法
  • ゲストルームへのペットの入室
  • ゲストルームの定員
  • ゲストルームのタオル
  • パーティールームでのバーベキュー

新築マンションだったこともあり、共用部の細かい運用ルールが決まっておらず、問い合わせが度々寄せられました。その都度、管理組合の理事会でルール決めをし、掲示板で告知してきました。

 

マナー

  • ベランダでの喫煙
  • マンション内でのタバコのポイ捨て
  • 共用廊下での自転車やベビーカーの保管
  • コープ等の宅配サービス容器の共用廊下への放置
  • エントランスで子どもが自転車に乗っている
  • ライブラリールームでの子供のお喋り
  • 宅配ボックスの専有化

一番多いのはやはり「タバコ」。酷いものではベランダからポイ捨てし、1階住人の専用庭でタバコの吸い殻が見つかるようなケースもありました。

次いで共用廊下への私物の放置でした。ただ、こちらは最初の数カ月だけで、共用部に私物等を置いてはいけないこと自体を知らない人が多かったと思われます。

複数の宅配ボックスに荷物を長期間置きっぱなしにしている家庭があり問題となりました。悪質でその荷物から必要なものだけを取り出し、残りは放置してたりしていました。

 

駐車場・駐輪場

  • 駐車場の場所の変更要望
  • 迷惑な停め方
  • 来客時の駐輪場所の確保
  • ロータリーの回転方向決め
  • ロータリーに長時間の駐車

 

共用部 瑕疵など

  • エレベータ内の傷
  • 植栽の枯れ
  • ゴミ置き場の扉の開閉不具合

まだ新しいので、少し壊れると目立ちやすく連絡がすぐにくる状態でした。

 

問い合わせ・要望

  •  タクシー会社連絡先
  • 出前容器の返却場所
  • 来客駐車場の時間の再設定
  • 管理人の駐在時間

細々とした小さい問い合わせも多かったイメージですが、マンションの管理をより良くするものも多く、参考になりました。

 

備品・購入要望

  • エントランスに時計
  • ゲストルーム用布団乾燥機
  • ライブラリールームへの書籍の設置
  • ゴミ置き場のワゴン追加

こちらも 1年目ということもあり、追加で購入しなければならないものが度々発生しました。

 

ペット

  • 1階専用庭での大型犬の放し飼い

鳴き声などでもっとクレームが多いものだと思っていましたが、ペット関連のクレームはほとんどなく1件のみでした。ペットを購入する人が他住人に迷惑をかけないようにと配慮しているのが窺える結果でした。

 

その他

  • シニア会の創設とその協力依頼
  • 理事会員によるマンション内の深夜の見回り要望

管理組合を便利屋と勘違いしていると思われる要望もポツポツと寄せられました。

トラブルが起こった場合

問題が起こった時はまず、【マンション管理規約】を読みます。ほとんどの場合はここにルールが記載されています。管理組合の理事をしていなかったら、私もほとんど目を通していなかったと思います。

他のマンションなどで問題となったことが詰め込まれているので、ある意味ノウハウ本のようでためになります。

気づかないうちにマンションのルールを破ったりしてしまわないように、内容を完璧に把握する必要はないので、一度ザっとで良いので目を通し、「ここを見れば書いてある」ということを知ることが重要です。

 

管理組合の理事を1年を終えて感じたこと

1年目は細かいルールが決まっていないので、問い合わせは多数寄せられますが、1年目に理事をしたほうが良いと思いました。

  1. よく知られているように、10年目ほどになると大規模改修などの多額の費用が絡む案件が発生し、業者との折衝や住民への説明で苦労する
  2. 交流の輪が拡大します。社会人になると中々友人を増やすことは難しくなりますが、新築マンション購入時は全員が面識がないので、お互いに交流を増やそうと心を開いています。私は今回の理事を通して、税理士の方や教育関連のコンサルタントや大手ゼネコンの方などと知り合えることができました。