はぐれブログがあらわれた

仲間になりたそうにこちらを見ている

パレードや花火など夏場の場所取りに便利な持ち物・グッズ

f:id:kkrntmy:20180523231858j:plain

 

先日、3年ぶりに東京ディズニーランドに行ってきました。

 

今年は開園35周年の「Hapiest Celebration」が1年を通して開催されていますが、イースターが終わったばかりで、季節イベントがお休みの時期の平日を狙って訪問したのですが、とても混雑していました。そんな中、午前と夕方のパレードの場所取りをしました。

 

この日は快晴で陽射しも強い炎天下の中でしたが、少しでも快適に乗り越えるための場所取りに準備したものを紹介します。

 

ディズニーランド内を歩き回るので軽くて嵩張らないものが望ましいので、アウトドア系の物が多いです。

 

 

 

軽量で嵩張らない高機能なアウトドアグッズ

レジャーシート

レジャーシートは人数分のテリトリーを確保するための必須アイテムです。上で紹介しているような立派なものでなくても良いとおもうのですが、こちらの商品は「軽量性」や「撥水性」も持っており、急な雨の場合にはポンチョになったり、普段使いでは子どものお漏らし対策シートとして使っても良いかもしれません。(重さ220g)

 

携帯座布団(折りたたみクッション)

場所取りは地べたに座ることになる場合がほとんどです。そのため長時間座っているとお尻が痛くなってしまいます。しかし携帯座布団(約35g)があると その痛みを大きく軽減することができます。上の商品は400円くらいで変え、折りたためるので持ち運びの邪魔にもなりません。

 

傘(日光対策) 

パレードを見る場所で日陰はほとんどありません。そのため自分で日陰を準備する必要があります。直射日光を防ぐ代表的なグッズは日傘ですが、上の商品は日傘ではなく、普通の傘なのです。

こちらをおススメしている理由はとにかく軽い点です。驚きの(90g)です。

 

エマージェンシーブランケット

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132

 

 傘と同様に直射日光を避けるために使用。

エマージェンシーブランケットは災害時の防寒用で、体の熱を8~9割反射して外に逃がさないようにするためのものですが、裏返して(アルミ蒸着シート面を外側)使用することで熱を反射し、熱中症対策としても有効な便利グッズです。自宅の防災用品として購入すれば無駄にもなりません。

また後程書きますが、この時期は夜のパレード時は気温がグッと下がるため、一転して防寒対策が必要になります。その点、このシートは防寒にも使用できるので一石二鳥です。

軽さも70gで折りたためるので邪魔になりません。

欠点としては「薄いので風に弱い」「銀色が目立ちすぎる」が挙げられます。特に後者は致命的かもしれませんね。 

たためる上着 

 昼のパレードには暑さ対策がメインなのですが、夜のパレードでは一転して防寒対策が必要になります。そこでおすすめなのが、折りたためるジャケットです。90gです。

f:id:kkrntmy:20180419003449j:plain

 折りたたむと上写真のように、手の平サイズになります。

 

今回おススメしたグッズのいくつかは下の記事でも紹介しています。

 

kkrntmy.hatenablog.com

 

 

 

最後に

上のグッズを全て持って行っても総重量は たったの500gとちょっとです。

場所取り以外にも使えるものばかりなので、お奨めです。