はぐれブログがあらわれた

仲間になりたそうにこちらを見ている

建材業界で働く私がマンションオプション30個評価してみました。

f:id:kkrntmy:20180627233231j:plain

 

マンションを購入して約1年が経過しました。

 

1年間を実際に生活してみて、「付けて良かったなぁ」と実感するオプションをご紹介したいと思います。

逆に付けとけば良かったと後悔してるものもあります。

 

建材業界で働く私が、代表的なオプション・設備30個の買った理由と不要と判断したものを紹介します。

 

 

はじめに

価格も掲載していますが、マンションオプションで取り付けた場合の価格です。

基本的にはマンションのオプション会で購入することはおすすめしません

入居後に個人で工務店などに依頼したほうが安く済ませることができます。 

 

フロアコーティング(★★☆☆☆)

不要だと思います。

理由はコーティングしても傷はつくからです。

 

家をできるだけ綺麗に住みたいというのは分かりますが、傷を必要以上に気にして生活するのは窮屈です。

現在のフロアーは企業努力でどんどん性能が向上しており、傷が付きにくくなっていますし、椅子の脚にフェルトを貼るなどで十分です。

 

コーティングにお金を出すよりもリフォームの費用として貯めていたほうが良いと思います。

 

床暖房(★★★★☆)

あったらいいなレベルではなく、必須のオプションです。

マンションは断熱性能が高いので、冬場も比較的快適ですが、暖房が不要か?といえばそんなことはありません。

エアコンやストーブといった暖房機器は空気を温めてくれますが、床を温められません。

床が冷えていると足元から熱が奪われ、体感温度が室温以下に感じてしまいます。

 

アクセントクロス(★☆☆☆☆)

これについてはデザインの趣味によるものなので、おすすめも何もありません。

ただこのオプションを選ぶ方は子供部屋には白以外のものにしたいという方か多いと思いますが、個人的には子供が大きくなってから選ばせてあげたほうが良いのではないかと考えます。

 

縁なし畳み(★★☆☆☆)

モダンな和室をリビングの一角に作れるので、人気のオプションですが、本物の畳ではないことは知っておく必要があります

本物の畳は50~60mm程度あり、心地よい柔らかさがあります。

それに対し、マンションのオプションの畳みは厚みが12~15mm程度を使用しています。そのため本物ような柔らかさや質感はありません。

 

エコカラット(★★★☆☆)

マンションオプションのド定番です。

調湿やニオイを吸着する材料として有名です。

取り付けられていると見た目もカッコいいのもわかるのですが、値段が機能と吊り合っているかと考えると「う~ん」です。

 

カーテン (★☆☆☆☆)

カーテンはオプション会で買うと品揃えが少ないうえに割高です。

採寸などが面倒かもしれませんが、カーテンは部屋のイメージを左右する大事なインテリアなのでしっかりと選びましょう。

 

開き戸を引き戸に変更(★★☆☆☆)

 開き戸は扉の開閉軌道部分に物を置けなかったり、引いて開く側からは一歩下がらなければなりません。

その点、引き戸は壁に沿って扉が動くため出入りが楽になります。

ただデメリットもあり、扉がスライドする側の壁にスイッチやコンセントがつけられなくなります

 

押し入れを折れ戸に変更(★★★☆☆)

 引き戸の場合、開口に対して約半分の幅で物を出し入れしなくてはなりません。

しかし折れ戸の場合は開口すべてを有効に活用することができます。

大きな物の出し入れをする場合は非常に便利です。

 

サポートチェア(★★☆☆☆)

靴の脱ぎ履きが大変な高齢者の方にはおすすめです。

格納できるので、狭いマンションの玄関でも邪魔になりません

 

玄関姿見(★★★★☆)

 マンションの玄関は狭いです。

そこに鏡があると視覚的に広く感じることができます。

取り付ける際は、天井いっぱいまで鏡を伸ばすことでその効果がさらに高まります。

 

下駄箱下照明(★☆☆☆☆)

 

f:id:kkrntmy:20180630002615j:plain

 マンションの玄関は非常に狭いため下駄箱の下も重要な収納スペースです。

 ライトで素敵な演出をしている余裕はないです。

 

室内物干し(★★★★★)

私は一時期、富山県に住んでいたのですが、冬場は晴れることがとても少ない土地でした。

そんな環境のため、賃貸でも室内物干しは必ずついていました。いくつかの物件では賃貸でもサンルームがあるほどです。

雨の日でも室内に洗濯物を干して、扇風機を当てているだけで十分に乾かすことは可能です。

アイリスオーヤマの「衣類乾燥除湿扇風機」がおススメです。

 

そのため室内物干しの便利さを十分に体験していたため、迷いなくオプションで注文しました。

天井の裏に補強材も必要なので、マンション購入後に取り付けると割高になります。

f:id:kkrntmy:20180630001722j:plain

 

「何かぶら下がっててかっこ悪い!」 

心配無用です。取り外しできます。

 

f:id:kkrntmy:20180630001741j:plain

 

 

ピクチャーレール(★★☆☆☆)

新しいマンションの壁には穴を空けたくないものですよね。

でも殺風景な壁に写真などを飾りたい場合にはピクチャーレールがあると便利です。

  

手すり(★★★☆☆)

 高齢になった場合は不可欠なもので、★5個だと思います。

ただ多くの方には不要なのではないでしょうか。

リフォームの際に取り付けるか、あらかじめ壁の内部に下地だけいれておくかで良いと思います。

 

タオル掛け(★★★☆☆)

 個人的には付けとけば良かったと後悔しているオプションです。

「市販のもので十分でしょ」

と考えていましたが、なかなか良いものが見つかりません。

市販のものは引き出しのすき間に引っ掛けるものなのですが、

すき間が小さく、タオル掛けの金具が扉とぶつかり閉まりきらないです。

 

f:id:kkrntmy:20180630003443j:plain

 

 

 

天板フラット(★★☆☆☆)

キッチンのシンク前のカウンターは10㎝ほど立ち上がりがあるのが普通ですが、シンクからカウンターまでがフラットになります。

キッチンが広く感じられてカッコいいです。

ただし、立ち上がりは水しぶきが飛ばないようにするためのものです。

そのため撥ねた水がカウンターまで届いてしまいまs。

  

ビルトイン食洗機(★★★★★)

私も使用するまでは本当に必要かな??と悩んでいましたが、現在は無くてはならない家電となってしまいました。

  • 時短になる!朝昼晩を入れると、1日1時間弱(年間300時間!!)
  • 食器がピカピカになる
  • 手荒れが無くなる

 もし転勤になっても、食洗機は必ず購入します。

 

ホーローパネル(★★★★★)

f:id:kkrntmy:20180630001829j:plain

 

キッチンのコンロ横の壁をホーローパネルにするオプションです。

ホーローとは簡単に言えば陶器のようなもので、表面がガラス質なので掃除が簡単です。 

掃除が簡単

コンロ横は油がはねて壁に染み込んでしまい、あっという間に汚れてしまいます。

しかしホーローパネルがあると油がはねても、サッと拭き取れるため長くキレイに使うことができます。

 磁石が付く

ホーローパネルの基板が金属板のため、磁石がつきます。

そのためマグネットのフックなどを使えば、壁を収納として活用することがdけいます。

 

水栓金具変更(★★☆☆☆)

調べてみると面白い製品がいっぱいあります。

トイレにあるセンサー付きであったり、ほうきのように1列に水がでて効率よく汚れを落とせるものなど。

しかし自分で交換できるのでオプションでおこなう必要はないと思われます。

 

シンク下巾木収納(★★★★☆)

f:id:kkrntmy:20180630001932j:plain

マンションの不満の上位を占めるのは「収納不足」です。

この困りごとはキッチンでは特に顕著です。

このシンクした収納はその悩みを解決するアイデアの一つです。

  

つけて良かったー 

 

 ディスポーザー(★★★★★)

オプションではないかもしれませんが、でぃずポーザーは戸建て住宅にはできない、マンション住まいの人だけが享受できるシステムです。

 

一人暮らしの際、夏場の生ごみの臭いが嫌すぎて、生ごみを袋に入れて冷凍していました。そうすると臭いもしないのですが、妻に冷凍庫に生ごみを入れること自体が不快だと猛反対されました。

生ごみ用の冷凍庫を買おうかと悩んだくらい嫌いでした。

 

鏡曇り止めヒーター(★☆☆☆☆)

 つけてませんが、今まで脱衣場の鏡が曇ったことはありません。

 

三面鏡下モザイクパネル(★★★☆☆)

f:id:kkrntmy:20180630002003j:plain

三面鏡の下の鏡(カランの背にある鏡)は低い位置にあるので、子供が小さい時は便利です。

しかし水はねで汚れやすいため、小さいお子さんがいないお宅ではモザイクタイルにすると掃除の手間が減り、良さげですね。

 

 浴室乾燥(★★★☆☆)

上でも述べた、室内物干しで十分乾くため、うちのマンションでは標準でついていましたが、まだ1~2回しか使っていません。

 電気代も高いので、頻繁には使わないです。

 

浴室TV(★☆☆☆☆)

 高いうえに、壊れた時の修理が面倒です。

今だったら携帯の電話も安く売ってるし、ジップロックに入れてスマホも見れるので不要ですね。

 

ミストサウナ(★★☆☆☆) 

 高いからつけませんでしたが、個人的にはお風呂に浸かることが大好きなのであまり魅力を感じませんでした。

 

造り付けカップボード、食器棚(★★★☆☆)

 マンションのキッチンはゴミ箱の置き場所に困ります。

ゴミ箱を置く場所がなくなり、通路に置きがちになるが、普段邪魔になる。

造り付け家具であれば、下部をゴミ箱スペースにすることができます。

 

 

造り付けカウンター下収納(★★☆☆☆)

 こちらもピッタリな物が作れるのがいいです。

ただオクユキが200mmくらいしかないので、置く物が限られてしまうため、優先順位としては低い。キッチンほど、ここにしまわないといけないというものは無い。

無印良品でもいいのがある。

 

 まとめ

ほしおススメは下記のオプションでした。

  • 床暖房
  • 玄関姿見
  • 室内物干し
  • ビルトイン食洗機
  • ホーローパネル
  • シンク下巾木収納
  • ディスポーザー 

「家事を楽にするもの」

「収納不足を改善するもの」

「居心地を良くするもの」

といった生活の質を向上させ、且つ得られる効果がたかいコストパフォーマンスに優れるオプションを選びたいところです。